ホームページを業者さんに発注するなら

 「院長、いや、今ですね、ホームページは自分でなんとかしようと必死に努力してみていますが、これ、もし頓挫したらどうしたものですかね?」

 「頓挫しないようにがんばればいいんじゃないかな〜 ^^v」

 「その笑顔、いや〜な感じですねえ。いや、もしもってことですよ。」

 「そうね、もしもね。もしそうなったらホームページ作成を請け負ってくれる業者さんにお願いすればいいんじゃないのかな。」

 「ですよね。でも高い、かな?やっぱり。」

 「いやいや、近年はね、そうは高くないよ。下手したら前回話したデジタル一眼のカメラが買えるくらいの金額でいけるんじゃないかな。」

 「ななななんと!本当ですか!やっぱりそっちもありか…」

 「あ、やっぱり頓挫前提だったなあ。」

 「いやいや、一応そのどっちでもいけるようにと。」

 「まあまあ、いや、どっちでもいいんだけど、でもね、業者さんにお願いするなら知っていなくてはいけないこともあるね。」

 「ぜひ聞かせてください。」

 「うん。まずはさ、【相場】だよね、普通どのくらいでいけるのかわからないとボラれても気づかないってことになるから。」

 「なるほどなるほど、で、一体どのくらいなんですか?」

 「せっかちだなー。ええとね、僕らが必要にしているホームページはそんなに複雑じゃないじゃない。お店の紹介ができればいいわけでさ。いや、もし予約システムも自社で用意して組み込む、とかだと話は別になるけど、それはないものとして考えるとさ。」

 「ですね、そんなに複雑じゃないように思います。」

 「うん、これが物を売るサイトだとショッピングカートのシステムやカード決済などいろいろ大変だよね。後は例えば不動産屋さんのサイトで物件をデータベースから引っ張ってきて今空いている物件を表示させる、なんてこともなかなか大変。それを考えるとお店の紹介なら、ただペロンと静的なhtmlがあればいいだけでね。」

 「あ、今院長は僕がわからないことを知ってて難しい言葉を使いました〜!」

 「あれ、難しかった?静的とかhtmlとか?htmlは説明したような気もするけど。。。まあいいや、静的っていうのはね、つまりうーん。プログラムがそのときに作って表示させるようなものでないページってことなんだけど、ええと、つまりね、【特にプログラムなどがなくって、単体で表示されるようなページ】ってことだよ。わかるかな。もっと簡単に乱暴に言うと【簡単な構造のページ】ってことだ。うん。これでわかるだろう。htmlは拡張子だね。前に出てきたでしょ。これはホームページに使うファイルですよー、って指定してあるってことだ。」

 「つまり【ペロンと簡単な構造のホームページに使うファイル】があればいいってことですかね?」

 「おお、その通りだ。見事だ。」

 「ふふん。まあそれほどでもないですけどね。」

 「でね、ものすごく逸れちゃったけど、まあそんなに大変なものでもないので、恐らくだいたいは5〜10万円くらいでできちゃうと思うな。」

 「おお、確かにそんなに高くない。」

 「ね、でももちろんそんな料金でできるものだから高が知れているということも、もちろんある。ただペロンとお店の場所と営業時間と連絡先と予約方法とコースとスタッフと写真とブログが載っているだけのサイトだとしたらそれほどお客様を呼んで来れないかもしれない。あとはgoogleやyahoo!japanの検索結果の上位に表示されることができるのかどうか、というかそこまで考えて作ってくれているのかどうか、はわからないね。」

 「うーん、なるほどですね。」

 「でもまあそのくらいのペロンとしたものなら10万円以下でいけると思う。そのくらいを相場と考えておこうか。」

 「わかりました。」

 「あとは【ホームページに関する知識】もある程度ないとね。」

 「そうですよね。」

 「うん、例えば、どんなサイトを作りたいですかって聞かれて【ええっと、なんだかよくわからないので全部お任せします】なんて言ったら、多くの場合は業者さんの都合で作られちゃうよね。業者さんの都合っていうのは、業者さんの【やりやすい】【手間のかからない】【慣れた】【クレームの来にくい】ような方法論でってことだよね。」

 「なんというかナメられちゃうって感じですか?」

 「うん。なんかそういう感じかもね。だってやっぱり【何にもわからないから任せます】だとよかれと思ってやってくれたとしても【うーんちょっと違う】ってことになりそうな気がしない?」

 「しますね。なんというか【なんでもいいから】っていうのが一番良くないような気がします。」

 「だよね、少なくてもさ、【このサイトのような感じで】とかくらい言えるといいね。だからいろんなホームページを見ておいて、気になったり、いいなと思ったらお気に入りにしておこう。一つお気に入りの中にフォルダを作っておくといいよ。」

 「なるほど、確かに【ここみたいに】って言えたらこっちも相手もわかりやすいですね。だったら僕は【なごみみたいに】って言いますよ。」

 「あー、でもさすがになごみのように、だと10万円は厳しいかもしれない。ちょっと分量とかも多いし。」

 「そっか、でもいろいろ見ておくことにします。」

 「そうそう、後ね【数年単位のリース】契約もやめた方がいい。」

 「そうなんですか?」

 「うん。今お金がないからといって月に3万円の費用を5年間払ってみな。消費税入れると200万円弱になるんだよ。200万っていったら大金だよね。さすがにお勧めしない。」

 「なるほど。それは確かにでかいですね。」

 「あとね、どのくらいSEOに関して考えて作ってくれるか、も重要だね。」

 「ええっと検索結果の上位に出てくるようにいろいろやることですよね。」

 「そうそうSearch Engine Optimizationの頭文字だね。検索システムに適したものにするってこと。」

 「重要なんですよね。それ。」

 「重要な要素の一つだね。何せ検索されないと誰も見ないと同じ。つまりは無いも同じってことになる。」

 「それはお金をかけた甲斐がないですね。」

 「うん、でも【ちょっとホームページを作った経験がある素人の人】とか、【SEOのサービスはまた別で料金もらうことにしている業者さん】とかだったら全くSEOのことを考えない。ってこともあるよね。」

 「それは問題ですね。」

 「うん、だから最初少なくてもどのくらいのSEOに対する対策をしてくれるのかを聞いておくといいね。まあきっと外部に対する施策はしてくれないだろうけど、内部でSEOに関わることは作る際にできることだから聞いておくというより、【こうしてください】と伝える必要があるだろうね。例えば【キーワードは○○と○○】で。という風にね。」

 「外部?内部?キーワード?またちょっと頭いい風に見せようとして…」

 「いやいやいやいや、ちゃうちゃう。ええっとSEOに関してはまた別の機会に話したいと思っているよ。」

 「うーん。まあとにかくホームページという物に関していろいろ情報を集めておくことにします。」

 「うん。まあこれも自分で作っちゃうっていうのが一番近道かもしれないけどね。」

 

業者さんと話ができるようになっておく

業者さんはプロです。あなたは多くの場合素人でしょう。そういった場合、ちゃんとした仕事をしてもらうためにある程度勉強をする必要があると考えています。
それは自分を守るためでもあり、業者さんが仕事をしやすくするためでもあります。
まずはいろいろなサイトを見ることから。それから仕事を発注するサイトなどで実際見積もりを取ってもらうのも手です。
SEOに関してはまた今度書いていきます。

楽天ビジネス…いろいろな仕事を外注するときに匿名で数社から同時に見積もりを取れます。

 

このサイトの内容が良いなと思ったらぜひメルマガに登録してみてください。

このサイト内より最新情報を綴っていきます。

そして過去のメルマガは公開していませんので、逃さぬようにお早目のご登録を〜


戻る | ホーム | 次へ