ホームページの内容や更新に関して

 「院長、ホームページに関していろいろ作ってみているんですけど、いまいち内容をどんなものにしようか悩んでしまっているんですよ。」

 「うん。そうか、内容ね。内容…まあとにかく必須の情報はあるじゃない。例えば【コース】【予約方法】【地図】あたりだね。これはまあ予約を入れてもらって、いらしてもらうのに必須じゃない 。」

 「ですねー。それはそうですね。他にはどうでしょう。」

 「うん、じゃあそれに準じて欲しいものは【スタッフの紹介】【中の様子がわかるページ】【よくある質問】あたりかな。」

 「そうですね、どんな感じのところかわからないと不安ですもんね。あと【よくある質問】なんかも不安を払拭してくれそうです。」

 「そうそう、ホームページで一つ頭に入れておきたいことは【不安をなくしてあげる】ってことね、あれ、これどこかで言わなかったかな。まあとにかく安心していらしてもらえるような情報を提供できるといいね。それに【スタッフ】は必ず写真も入れて紹介しようね。どんな人が施術してくれるのか、はかなり大きな心配ごとだから。」

 「なんかちと恥ずかしいですね。それに不安じゃないですか?」

 「もう腹をくくってお客さんのための情報だから出していこう。そんなことを言っていたら道も歩けないぜ。とにかく安心してもらおう。」

 「そうですね。ああ、だから【お客様の声】とかもあるんですね。」

 「そうそう、それなんかまさに安心してもらうってことだよね。」

 「他にもありますか?」

 「うん。もう完全に【なごみ】の話になっちゃうけど、どういう想いで仕事をしているのかを書いたりするのは必要だと思うね。」

 「ああ、結構深く気にする人は見るかもしえないですね。」

 「うん。後は、求人をしている場合は求人のコーナーとかね、それにコラムなんかがあってもいいし、もちろんスタッフの横顔が見れるようにブログがあってもいいな。ブログっていうか日記的なものね。」

 「うんうん、にぎやかになってきましたね。」

 「後はオンラインの予約システムなんてあったら最高だね。」

 「ああ、あれはいいですよね。こちらにとってもお客さんにとっても。」

 「他にもそれぞれに症状に対してのページやキャンペーンのページ、それに新しいトピックに関するページがあってもいいね。新しいトピックに関してはトップページの中に入れ込んでいくのがいいと思うけど。」

 「わかりました。いろいろ考えてやってみます。」

 「あとね、更新なんだけど、できればできるだけ頻繁にやるといいよ。」

 「え、なんでですか?」

 「うーん、まあ無理にすることもないんだけど、更新は頻繁にやったほうがSEO的に良いのだ。つまり検索エンジンは【頻繁に更新されて情報が新しくなる、もしくはプラスされていくサイトはより良いサイトだ】と思うわけだよね。もちろん何百もある要素の中の一つなわけだけどさ。」

 「なるほど、いろんなことを伝えると良い、ってことですね。」

 「そうそう、そういう意味でも業者さんに完全に任せちゃうんじゃなくて自分でもいじれるようにしておいたほうがいいかもね。もちろん業者さんに素人でも更新できるような部分を入れておいてもらうってことでもいいんだけど。」

 「うーん。わかりました。とにかく情報は多かったり、新しかったりしたほうがいいわけですね。理解できてきましたよ。」

 

お客さんのための情報です

ホームページとは何かというと、情報をお伝えするためのツールです。
ですからどんなことを知りたいのか、を考えてサイトを作るとよいと思います。
どんな風にするとお客さんが知りたいことがわかって、どんな風にするとお客さんが便利に思えるのか、ということですね。いろいろ考えてみてください。

マッサージ整体院なごみ 江古田店…院長の院です。とりあえず参考までに。

マッサージ整体院なごみ 練馬店…こちらも同じく。

ピークマネージャー…高性能なオンライン予約システム。こんなに高機能で、さらにどんどんアップデートして、こんなに安くていいのかと思うほどのシステム。伊澤からの紹介ですと伝えてもらえればホームページに書いてあるより安く提供してくれるはずです。


このサイトの内容が良いなと思ったらぜひメルマガに登録してみてください。

このサイト内より最新情報を綴っていきます。

そして過去のメルマガは公開していませんので、逃さぬようにお早目のご登録を〜


戻る | ホーム | 次へ