2床程度の店舗から始める

 「じゃあ院長、【中】くらいで始める場合はどうでしょう?」

 「うん、ベッドを2台くらいで、最初は自分1人で始めるってことだよね。その後お客様が増えるならスタッフを1人か2人入ってもらってやっていくような感じだね。」

 「なるほど、で、ある程度【店舗】という感じにするわけですよね。(*^^)v」

 「そうだね、どうせやるならマンションや一軒家の自宅でやるより入りやすい店舗を借りたほうが良いと思うな。

もちろん【小】のときにベッドが2台置けるようなマンションなりで始める、という方法もあるだろうけど、ちょっと中途半端に思えるね。」

 「そうですね。でも最初は1人ってことは、最初ベッドが1つ余っちゃうわけですか?もったいないような気もします。」

 「うん、そうなるね。でも後からちょっと大きなところに引っ越す、という手間などを考えるとそのくらいはいいんじゃないかな。」

 「じゃあどんな部分が良いところでしょうか?」

 「【小】より店舗だから入りやすい、認知してもらいやすい、雇う人を別の性別の人にすれば、自分と違う性別の人にも受けてもらいやすい、などかな。」

 「では、逆に悪いところはありますか?」

 「どうせ人を雇ってやるなら小さいと、トイレやスタッフルーム、その他施術スペース以外のことを考えると少し非効率的ではあるよね。ベッドが増えてもそれらは変わらぬ大きさでよかったりもするから。

後は人気が出てきたら大きなところに引っ越すか、もったいなくてもお断りするかしないといけない、というのもあるね。

ちなみに資金はどちらかと言うと、マンションなどでやるより、【大】でやるほうに近くなると思う。」

 「ふうむ、やっぱりなかなか決めがたいですね。」

 「じゃあ【大】を考えてから最後に比較してみよう。」

 「いやー、やっぱり最後は大ですね。そこは聞きたいところです。(*^^)v」

 

2床のメリット、デメリット

若干中途半端ではありながら、【中】というくらいなので、大きなメリットがない分、大きなデメリットも無いかも知れません。
しかしなんにせよ店舗として借りるわけですから、通常は保証金というのが割りと大きくかかる場合が多いです。でも物件によっては敷金という扱いで安めの設定のものもあります。通常保証金というと3〜10ヶ月分の賃料の場合が多く、敷金というと1〜2ヶ月分の賃料の場合が多いです。

このサイトの内容が良いなと思ったらぜひメルマガに登録してみてください。

のサイト内より最新情報を綴っていきます。

そして過去のメルマガは公開していませんので、逃さぬようにお早目のご登録を〜

 

戻る | ホーム | 次へ