最初に揃える備品にはいくらくらいかかるのか

 「院長、最初にベッドとか買わなくちゃいけませんよね?」

 「シングル〜ベッドでゆ〜めとおまえ〜抱いてた頃〜」

 「……で、ベッドとか買わないといけませんよね?」

 「あ、突っ込みとかないんだね。(T_T)/~~~ あー、そうか、そうだね、ベッドで施術するならベッドはいるね、床でやるならいらないだろうけど。」

 「にはは。(*^^)v そうですよね、あと、なんだろう、音楽をかけるプレイヤーとか、エアコンとか?なんか最初に備品を買うと思うんですよ。どんなものを買うんでしょう。」

 「それはね、本当に様々なものが必要になるよ。最初はこんなものか、とリストアップしてみても、開業後も次から次へといろいろ出てくるんだよ。まあ開業後にはそれほど高いものはないだろうけどさ。それにやる人によって必要なものは全然違うと思うね。まあでも大枠ではそんなに違わないか。」

 「とと、とりあえずどんなものでしょうね?」

 「じゃあ思いつく限りばらばらと書いてみようか。ちなみに【お金のこと】の一番最後に2店舗分の私の2つの院でかかった金額を書いておくから後でそちらも見てね。」

 「ベッド(4台で16万円程度でした)」
 「カーテン(仕切りがカーテンなのです、7万円程度)」」
 「受付台(大工さんに造作してもらって5万円程度)」
 「エアコン(施術スペースとスタッフルームで20万円程度、施主支給で)」
 「待合室用の椅子やベンチ(4人分で4万円程度)」
 「冷蔵庫や電子レンジ、ポット、洗濯機に乾燥機、加湿器、除湿機、プリンタ、電話、音楽プレイヤーなど(全部で20万円程度)」
 「PC(2台で10万円程度)」
 「棚(全部で5万円程度)」
 「インテリアの諸々(これは本当に数万〜数十万円などまちまちでしょう)」

 「これはやっぱり私の4床の院での話だし、事務用品やらなにやら入れると細々したものが沢山出てくると思うよ。でもざっと合計してみると100万円程度かな。で、ベッド2床程度の院ならおそらく30〜60万円程度になると思うね。」

 「くぅ〜、いろいろありますねえ。」

 「でもね、ネット通販などを使うと随分安く買えるものもあるから沢山買うときこそ、お得なものを選ぼうね。あと、施術にいろいろ機械を使う方はそれも入れないといけないね。あまりないとは思うけど。」

 「そうですね、手技で施術をする人ならばそんなにないでしょうね。」

 「でも、エステなどを開業するならそれなにりすると思うよ。」

 「ふむふむ専門の機器はまた別途ということですね。」

 

備品は見えるものにはある程度お金をかけて、見えないところはかけないでもいい

このタイトルの意味ですが、備品はいらしてもらったお客様に対して気持ちよくすごしてもらうためにある程度お金をかけよう、ということです。

あと、もう1つ重要な意味があります。後で他の項目でも説明しますが、広告を出すにあたって、またホームページなどで紹介するときの院内の雰囲気はとても大切なものになります。

写真だけでその雰囲気を伝えるとなると、院内のインテリアには多少は気を遣いたいものです。

 

伊澤塾メルマガの登録

伊澤が治療院、サロン経営や開業に関して重要なことをお伝えする伊澤塾です。

頭の中身がよく見えると思います。無料ですのでぜひとも登録を。

今だけ伊澤の院の最初の売上の推移がわかるエクセルシートをプレゼント。どれだけ売り上がるか予想するのに使ってください。

過去のメルマガは公開していませんので早めのご登録を。

戻る | ホーム | 次へ