運転資金はどのくらいかかるのか

 「じゃあですよ。開業できたとしてですけど、そしたら今度は運転資金が必要になりますよね?」

 「そうそう、それを忘れちゃいけないねえ。」

 「よく運転資金、とは聞くのですけど、実際にはどのくらいかかるんですか?」

 「そうだね、結構かかるよね、ガソリン代でしょ、駐車場代に、保険もあるからなあ…。」

 「・・・それはー、スルー可ですよね?(−−〆)」

 「えー、はい、結構です。(^_^;)

ええと、うーんと、よく聞かれるんだけど、開業資金もそうなんだけど、やり方によって全然違うんだよねえ。と言ってしまっては元も子もないのでざっと必要なものをあげていこうか。」

 「そりゃもうぜひお願いします。」

 「人件費(人数×20〜30万円程、もしくは歩合制」
 「家賃(全くまちまちでしょうが10〜30万円くらいで考えたらどうでしょう)」
 「借入金の返済(借りる金額÷60回[5年で返済するとして]くらいでしょうか)」」
 「広告宣伝費(全くまちまちでしょうが、私は月に数万〜10数万円くらいです)」
 「水道光熱費(4床の店舗で2〜3万円程度だと思います)」
 「賠償保険(1人あたり1800円程度)」
 「消耗品(どんなものを使うかによってですが、月に2〜5万円くらいでしょうか)」
 「事務用品費(数千〜1万円程度)」
 「通信費(電話やネットにかかるもので1〜2万円程度、DMなどを送るならアップ)」
 「諸会費(商店会などに属することでしょうから2千〜4千円程度)」
 「といったところがメインなんじゃないかな。これは4床の院での話だから規模によって全然変わってくると思うよ。とにかく人件費と家賃が大きな柱だと思う。だから最初に人を雇うかどうかは大きな分かれ道だね。」

 「ふぬぬぬぬ。結局どうなんだかわかりません・・・(T_T)/~~~」

 「だね、じゃあいっそわかりやすく、【大】の規模で、4人スタッフを置いて、25万円の家賃で、10万円の返済があって、10万円宣伝にお金をかけて、いると130〜140万円くらいになるね。」

 「うおっと!(*_*)」

 「でも、【小】の規模で、自分1人でやっていて、10万円の家賃で、5万円の返済で、5万円の宣伝だったら、おそらく20〜30万円くらいじゃないかな。
で、【中】の規模で、3人でやっていて、15万円の家賃、7万円の返済、7万円の宣伝なら、おそらく70〜80万円程度かな。」

 「随分開きがありますねー。」

 「そうだね、なにせ5人でやっているのと1人でやっているのではずいぶん違うからね。

1人で40〜60万円くらいは売り上がると考えると、1人の場合と5人の場合では売り上げが40〜60万円と200〜300万円とずいぶん違うわけさ。間を取ると50万円か250万円かってことになるね。」

 「おー、当たり前ではありますが、そうですねえ。」

 「でしょう。なので、さっきの運転資金をそれぞれから引くと、1人の場合は25万円残って、5人の場合は115万円残るわけだ。結構変わってくるよね。あくまで大きくばっさりとした計算だけどね。」

 「わかりました。参考にさせてください!」

 「あーっ!!」

 「うわー!!!なんですか、いったい。」

 「いや、ちょっと思い出したことがあってさ、話しておこうと思って。」

 「ちょっとで【あーっ!!】ですか〜?」(-"-)

 「あのー、運転資金を考えるときにさ、例えばなごみやで【宣伝広告費を10万円かけて、売上が11万円だった。よし1万円利益が出た】ってちょっと考えちゃいそうじゃない?」

 「うーん、考えますね。」

 「いやいやいやいや、完全に赤になっているのよ。これは。」

 「え?だって10万円の広告費で11万円入ってくるわけですよね?」

 「そう、そういう風に考えていいんだけど、それでもやっぱり赤なんだよ。

だって11万円の売り上げの中からいろいろは経費を払わないといけないわけだから。一番大きいのは給料。家賃に光熱費などなど、その中から出ていくわけだよ。

だからうちの場合だとするとだいたい売上の7-8割がたはそもそも経費として出ていくことが決まっているんだよね。

もし自分一人でやっていたとしたら給料分はいいんだけど家賃その他の経費はやっぱりそこから出ていくわけだ。売上の2-3割は出ていくと思うな。」

 「お?おおお??。」

 「大まかにみると売上11万円の内、みんなに払うお給料などなどを引くと、残るのは3万円くらいなんだよ。一人でやっていたとしても残るのは8万円くらい10万円には届かない。」

 「なるほどー。」

 「その広告のおかげで今後も来院頻度があがったとかいうことを考えずに単純に考えるとそういうことになるんだ。

だから中途半端にお金をかけて中途半端に売り上がって喜んじゃう、というのは止めておこう。支出が増えるばかりだから。」

 「いやー、目から涙ですねー。」

 「なんかわかるけど、、ウロコみたいな感じ?」

 「あ、いや、感動的だなと、思った、と。(*^^)v」

 

運転資金は本当にまちまち

実はあまりにまちまちすぎて具体的な数字を書くのが申し訳ないくらいなのだけども、あえて書いてみました。というのはやはり各経営者の考え方でどこにどれだけお金をかけるのかは随分違ってくるからです。

すごく良い立地で家賃は高いけど、宣伝にはお金をかけない人もいますし、スタッフのお給料はそれこそ全然違います。お金を借りていなければ返済はないですし、沢山借りていれば沢山返さないといけません。それでも、ということでざっとな計算だと思ってください。

ちなみに今回は税理士さんや社労士さんなどの方への費用は入れていません。その辺が入ると月に数万円の費用がかかると思ってください。

運転資金をどう少なくしていくかは経営者の腕にかかっていますね。

 

伊澤塾メルマガの登録

伊澤が治療院、サロン経営や開業に関して重要なことをお伝えする伊澤塾です。

頭の中身がよく見えると思います。無料ですのでぜひとも登録を。

今だけ伊澤の院の最初の売上の推移がわかるエクセルシートをプレゼント。どれだけ売り上がるか予想するのに使ってください。

過去のメルマガは公開していませんので早めのご登録を。

戻る | ホーム | 次へ