技術を身につけるには

 「いやー、おかげで無事私もなんとか施術ができるようになりました。ありがとうございます。」

 「おめでとう。やっぱり予習と復習をちゃんとやると飲み込みというか吸い込みというか、早くていいよね。でもまだまだ勉強していかないといけないね。」

 「本当にそうですね。まだまだ駆け出しの新人ちゃんです。この後はどう伸びていったらよいでしょうか?」

 「うん。僕はね、学校で身に付けた手技の経験を積んでいくのがまず大事だと思うよ。でね、その際に気をつけるとよいのは、自分流のアレンジをしないこと。アレンジは十分に経験を積んでからしたらいいからね。最初は基本が大事だよ。その基本の意味がわかってくるまではひたすら余計なことはせずに精進するんだよ。」

 「はい!素直にまっすぐやっていきたいと思います!」

 「うん。面白い、面白くない、というのは考えずにしっかりやるんだよ。」

 「わかりました!」

 「あとはね、たまに僕のチェックを受けるといいよ。だんだん自分がやりやすいように変わっていっちゃうから。自分では変わってないつもりでも、みんな少しずつ変化していく。変化していい時期がきたらそれはそれでいいけど、少なくとも最初の2−3年はまっすぐ積み上げていっておくれ。」

 「よし、じゃんじゃん施術していきたいと思います。」

 「あとね、お客さんは実験台じゃないから、実験的にやっちゃ駄目だよ。」

 「なるほど、了解です。つまりラジャー!」

 「ちょっと最後よくわからなかったけど、まあいいか。迷ったら先生に相談すること。これ忘れずに。」

 「はーい!」

 

頭でっかちにならない

いろいろな手技をいろいろ身に付けようと思わないほうがいいと思います。少なくとも最初は。短期間である程度の結果を残そうと思ったら、あちこち寄り道せず、一つのスキルにひたすら磨きをかけてください。よそみばかりしていると時間ばかりかかって芯のない施術者になってしまいますよ。

一人前になるまで10年、くらいに思い定めて精進してください。

 

伊澤塾メルマガの登録

伊澤が治療院、サロン経営や開業に関して重要なことをお伝えする伊澤塾です。

頭の中身がよく見えると思います。無料ですのでぜひとも登録を。

今だけ伊澤の院の最初の売上の推移がわかるエクセルシートをプレゼント。どれだけ売り上がるか予想するのに使ってください。

過去のメルマガは公開していませんので早めのご登録を。

戻る | ホーム | 次へ