店の外でもちゃんとする

 「ああ、あれ、あれはうちではやらないでねえ。ほら、あのフレンチのお店さ、裏口の辺りでタバコ吸っている人達がいるよね。あれ、別に法律に反しているわけじゃあないけどさ、どうも素敵な光景に思えないよね。あのお店、正面から入ると素敵な感じなんだけどねえ。」

 「んー、本当だ。連れてきてもらったことはないですが、どうも素敵な店構えそうではありますね。」

 「いや、今度連れていくよー。でね、せっかくの良い雰囲気がなんだか粉々って感じじゃない?」

 「それは思いますね〜。ディズニーランドの片隅でミッキーの頭部を脱いだおじさんが【ふ〜っ】と言いながらタオルで顔拭いてたら魔法が一気に解けますね。」

 「そうそう、そういうことだよね。だからさ、うちでもね、まあ別に魔法の国じゃあないわけだけど、少なくても【素敵な院】でいたいわけなので、そのイメージが壊れないようにはしたいと思っているわけだよ。」

 「ふむ。つまり院の周りでタバコは吸うなと。」

 「いやいや、だってうちはタバコ吸う人は採らないじゃないか。というよりあまりだらしなくしようってことね。僕もまさかうちのみんなが犯罪をしたり、歩きタバコをしたり、大声でわめき散らしたりしないことは知っているけど、そうだなもう少し細かいことだけど、あまりだらしない格好で出勤しない、とか、近所の方やお客さんに挨拶をされたのが気づかないことの無いようにイヤホンはやめるとか、まあそのくらいのこと。実は全然心配してないんだけどね。みんなちゃんとしているからさ。」

 「え、あ、そうですかぁ?いやあ、信頼っていうか、そういうものを感じで少し嬉しいみたいな〜」

 「あ、ベテラン君以外のみんなね。君はねえ○%&#×&!〜*@!!!」

 「すすすみませーん。調子に乗りました〜!」


このサイトの内容が良いなと思ったらぜひメルマガに登録してみてください。

このサイト内より最新情報を綴っていきます。

そして過去のメルマガは公開していませんので、逃さぬようにお早目のご登録を〜


戻る | ホーム | 次へ