服装に関して

 「うちの施術着ってちょっと珍しいように思うんですよね。別に文句があるわけじゃあないんですけど。」

 「ああ、そうだね、黒いズボンに白い長袖のシャツだもんね。そんなに動きやすいわけじゃないかもね。要はね、なんというか【ちゃんとして見える】ってことが重要だと思っているんだよね。まあやっぱりエリが付いていたほうがちゃんとして見えるかなとか、半袖はカジュアル過ぎるかなっていうくらいで別にそこまでこの格好にこだわりがあるわけじゃないんだよね。それより、ヨレヨレのシャツとか、裾の擦り切れたズボンとかのほうが嫌だな。」

 「おばあちゃんみたいですえ。」

 「いや、確かに。昔よく擦り切れまくったジーンズをはいていて、おばあちゃんに【繕ってあげる】って言われていたな。そのときはね、まあ学生で仕事着としてじゃなかったから、擦り切れていたのは、擦り切れていたでよかったんだけど、僕ら今の仕事でそれはやっぱり良くないかなと思うな。【清潔感】がやっぱりどうやっても必要で、逆にそこさえ押さえておけば、大丈夫だと思うんだよ。」

 「【清潔感】ですね。それはやっぱり重要ですよね。」

 「うん。僕もやっぱり施術を受けるなら男女問わず、こざっぱりとした方にお願いしたいものね。そうでない方もいるかもしれないけど、やっぱり多くの人に受け入れてもらうには、その方がいいと思う。服装に限らず、髪型、におい、メイクまでね。」

 「ああ、そうですね、そういうあたりも全部ひっくるめて【清潔】に見えないといけないわけですね。」

 「と思うな。実はさらに姿勢や表情、話し方や話す内容なども【こざっぱり】感を出すには必要だと思うね。」

 「むうう。なんだか高度になってきたような気がします。」

 「いやいや、そんなことないよ。猫背でもそっとしてたり、陰気な表情していたり、モゴモゴ話したり、陰鬱な話をしなければいいのさ。別に難しいことじゃないよね。体と精神に明るく溌剌とした感じが宿っていればいいんだから。」

 「なんだかやっぱり大変な気がしてます。」

 「いや、わかった。【フレッシュ!】こんな感じでいってくれぃ!」

 「お、なんだかわかったような気がしました。【フレッシュ!】でいきます。ありがとうございました。」


このサイトの内容が良いなと思ったらぜひメルマガに登録してみてください。

このサイト内より最新情報を綴っていきます。

そして過去のメルマガは公開していませんので、逃さぬようにお早目のご登録を〜


戻る | ホーム | 次へ