具体的な数字を入れてシズル感を集客

具体的な数字を入れてシズル感を

具体的な数字を入れてシズル感を

コピーとして【クーポンサイト活用術】と【反響が3倍になるクーポンサイト活用術】だとどちらのほうが読みたいですか?
ちょっと今日はそのあたりを少し掘り下げます。
上のは【数字を入れる】というテクニックです。

例えば今色々なセミナーを考えています。例えば。

【リピーター獲得アイディア集】
【自分でやるSEO】
【開業資金調達の具体的方法】
【広告の実例と作成】
【不動産選び徹底講座】
【グーペでホームページ作成講座】
【イラストレーター初級講座】
【内装工事の見積もりの取り方、見かた】
【顧客管理とオンライン予約の体験講座】
【接客・話し方講座】
【クーポンサイト活用術】

こんなものです。でもこれ、パッと見だとどれも興味をあまり引きませんね。

もうちょっと【気になる】コピーを書かないとですね。
なので、今日は上記を【気になる】ものに書き換えてみたいと思います。
全部は、、、きついかも。(^_^;)

じゃあ上からいきましょう。
いちおう縛りとして20文字までにしてみます。

【リピーター獲得アイディア集】
これは、【新規獲得コストの1/7、リピーター獲得法】
こんなのどうでしょうか?
リピーターを獲得するのにかかるコストは実際新規獲得に比べてとても安価です。
実際の数字(だいたいですが)を入れて具体的にします。

【自分でやるSEO】
これは【月5万節約、中学生でもできるセルフSEO】
これも実際SEO専門会社に任せると数万円はすることが普通ですので、そこを明記。
あとは、どのくらいのレベルで簡単なのかも明記。
【誰でもできる】だと誰でもの範囲が無限に広いので、自分のことだと思えないかもです。
【サルでも】とかも同じですね。(^_^;) 上品でないですが。。。

一方【中学生でも】なら、【自分もできるな】と思えそうでしょ?
実際中学生でもできる範囲で可能だと思います。
地域+○○、であれば。はい。(*^^)v

【開業資金調達の具体的方法】
これは【資金調達は貯金のみでは駄目、1年で開業法】
今考えている方法では駄目と否定して、別のもっといい方法を提示すると言っています。
【え?駄目なの?】と思いますよね。
実際に貯金だけだと時間がかかりすぎて夢のような話になってしまうかも知れません。
時は金なりです。
12年かけて300万円貯めるというのでは、時間がもったいないのです。

ええと、ちょっとこのくらいでいいでしょうか。
(^_^;)
結構時間がかかります。

具体的な数字を入れたり、【え?】と思ってもらったり、何ができるのかを具体的にイメージしてもらいやすくしたりしています。

ちなみに文字数は全てギリギリまで使っています。
もったいないので1文字も無駄にしないでください。
ちょっとくらい文法がおかしくてもいいです。
目的は【これは気になる】とクリックしてもらうことです。
文学は小説家にお任せしましょう。 また、なぜか使う数字は奇数が多いです。これはどういうわけなのかいまいち理由がわかりません。

本当はもう少し紹介したい方法がいくつかあります。
私が熟読している本があります。オススメです。
何十ページも端を折って、ラインを引いて使っています。
【現代広告の心理技術101】です。

これを読むと今まで自分が書いていたコピーやヘッドラインはなんだったんだろう。と頭を抱えると思います。
ついつい相手のことを考えない文章を書いてしまう方は買ってください。
いつも言いますが、本くらいはノータイムで買いましょう。一生の知識になります。

ポイント

数字は方法のひとつ

気を引くコピーを書く方法はいろいろあります。

その中でも今回は「数字を入れる」という方法を覚えておいてください。

関連記事