費用対効果を考えて広告費をかける集客

費用対効果を考えて広告費をかける

費用対効果を考えて広告費をかける

質問を受けました。
費用対効果で効率の良い物を教えてくださいと。
【なごみ】【なごみや】での広告の費用対効果を発表します。(*^^)v

確かに広告を出す側としては費用対効果がとってもとっても重要です。
絶対数も大事ですが、絶対数が少なくても効率が良い物を集めればいいですね。

ちなみに費用対効果を測定するためにもどのようにサロンを知ったのかの記録は必須です。

さて、特に広告の費用と来店数を書いてみます。
その回によって結果も広告費も違うので、平均値くらいで書きます。
費用は一ヶ月での費用です。

ぱど 4万円  5人 @8000円

チラシ手配り 12万円 60人 @2000円

駅広告 3万円 17人(初年度)→3人(5年目度) @1700円(初年度)→1万円(5年目度)

ポスティング 2万円 24人 @833円(自分達で1万枚ポスティングなので印刷費のみ)

以上はアナログな方法論ですね。
ポスティングは業者さんに頼んだらだいたい
7万円 24人 くらいとなって @2900円くらいでしょうか。

さて次にデジタルな、というかネット関係で見てみましょう。

通常の検索 500円 30人 @17円

レッツビューティー 3万円 30人 @1000円

ホットペッパー都心部  8万円 100人 @800円

ホットペッパー私鉄沿線 4万円 15人 @2700円

これらももっと細かく沢山やっていますが、結果がそれなりに出たものを書いています。
アナログのものと効率のあまりの違いに我ながらビビりますね。
特にオーガニック検索という通常の検索での集客にはレンタルサーバー代しかかかりません。
驚愕の@17円
これがでかいです。(*^^)v

ちょっと注目したいのはリスティング広告です。獲得単価は3000円と高めです。
しかし、まったく割引してないので「良いお客さん」の可能性が高いです。
それを考えると@3000円安いと言えますね。

なんにせよ効果を考えると効率がいいのは圧倒的にネット関係ですね。

ただ、ネットにもいろいろ広告があるので、どこにどう出したら効果的なのかは難しいです。
個別に答えがありますね。

あとは、どうネット関係で集客したとしてもほぼ自社ホームページは見られます。
この自社ホームページの質なども大きな要素になるはずです。(*^^)v
綺麗なだけでは共感されないと思いますので、自分が共感できるサイトを参考にしましょう。
見た人が同じ100人でも、実際に集客するのが1人のサイトと30人のサイトがあります。
こういうのをコンバージョン(成約率)と言いますが、ここを上げないといけません。
でなければSEOなどただの遊びのようなもの。

なんにせよ、効率の良い広告は個別に探さないといけません。
この辺は、結構難しいですね。
取りあえず今日は上記の私の数字を参考にしてみてください。

参考になりました?(*^^)v

ポイント

効率をみる

集客力が月に5人しかいないからといって切ってしまうのはよくありません。料金が5万円かかっていたらやめた方がいいと思いますが5000円なら割りがいいです。 絶対値というよりは効率でみるとよいと思います。

上記に書いた数字も日々移り行くものです、本当に参考程度に。

関連記事