求人広告の重要ポイントスタッフを雇用

求人広告の重要ポイント

求人広告の重要ポイント

ものすごい妄想な話なんで笑わないで聞いてくださいね。

なになに?エッチなやつはやめてよー。

いや、それは。。。ないでしょう。

ならば来い!決して笑わん!

いや、もしですよ、開業したとするじゃないですか。
そんで嬉しいことにお客さんが沢山いらしちゃったりするかもしれないじゃないですか。
そんで、1人じゃあもう間に合わなくなって、スタッフを雇わないといけなくなったりしたら、そんなときはどうやって求人して雇ったらいいのかな~。
なんて妄想してたんです。

なあっはっはっはっはっは~!うへへへへ~。気が早い~!いひひひひ~。(*^^)

も~、絶対今後伊澤さんには相談しません。もう今日は帰ってアイス食います。"(-""-)"

ごめんごめんごめんごめん、わざとわざと。すまなかったけど、なんでアイス?

4回謝られれば僕も気をなおしますが。。。アイスおごってくださいね。

わかった、わかった。アイスでよかった。で、えーと。求人。うん。確かに先のことを考えておくのはいい。素晴らしいよ。

もう、いいですから、早いところああだこうだ言ってください。

なんだか乱暴だなあ。ええっと、じゃあね話そう。求人の仕方だよね。いくつか方法があると思うな。まずは、
○自分や知人からの人間関係から探す
○お店のお客さんに入ってもらう
○求人広告
といったところかな。

ああ、そっか、知り合い関係探すとかありますよね。それにお客さんからっていう手もあるんですね。

そうそう、それらは求人の方法としては特に言うべきことはなくて、個別に話を持っていけばいいんだけど、気をつけなくてはいけない点を話そう。

はいぜひ。

まず、知り合い関係から探す場合は、今までの関係とこれからの関係がどう変わっていくのか、もしくは変わらないのか、そのあたりを考えておく必要があると思うね。

んー、つまり、どういうことでしょ?

つまり、今まで通りお友達な感じで働いてもらうのか、しっかり上下を分けて新しい人間関係を作るのかとかだね。
特にお友達関係の人に入ってもらって、さらに他にもスタッフがいる場合はしっかりその辺は決めておかないと、ギクシャクするね。

んー、想像できます。

あと、お客さんに一斉にメールなどで声をかけるようなことをするなら、きちんと研修をすることをちゃんと伝えないと【素人を採って、パッと使うのか】って思われちゃうかもしれないね。その辺は慎重にやったほうがいいと思うね。

確かに確かに。

基本的には一斉に伝えるのではなくて個別に一本釣りしたほうがいいよ。一斉だと断りたくても難しかったりするしね。

確かに確かに確かにぃ。

で、本題は求人の広告だよね。まず最初に頭に入れておいて欲しいことは、求人広告も【広告】だっていうことだよ。

うーん。うん?

つまりね、求人広告を出す場合って、どういうわけか一般的な【商品】や【サービス】を宣伝する広告に比べてあまり【広告】っていう意気込みに欠けている場合が多いなと思うわけ。

求人広告にはあまり力が入らない、と?

いや、力入れたいのに入れ方がわからないんじゃないかな。【給与などの待遇とどんな仕事なのか、あとは、、明るい職場です】とか書いておけばいいんじゃないか。と思っちゃう人が多いように思うんだよね。

ははあ、確かに物の売り込みのように【宣伝】とか【広告】という感じはしませんよね。

うん、でもさ、できたら沢山の人に応募して欲しいでしょう。そのほうが良い人がいる可能性が高まるわけだから。
そうしたらやっぱり【いいところですよ】ってアピールすべきだと思うんだよね。もちろん嘘の無い範囲でね。

それは確かにそうですよね。アピールしたいですよね。

うん、でもどういうわけか求人の広告に関しては僕の知る限り、あんまりがんばってアピールしているお店は少ないと思うんだよね。
で、【誰も来てくれない】と嘆いていたりするんだよ。

そうか、つまりもっと【自分のお店を売り込みなさいな】ってことですね。

そうそう、そういうことだよね。もうちょっと気持ち前のめりで行こう!って感じだよ。

で、いったい具体的にはどんな感じで前のめりになったらいいんでしょうか。

うん、意味合いとしては【うちはこんなスキルが手に入る】【うちはとっても働きやすい】【うちはこんなに社会に貢献できる】【うちはとっても待遇がいい】というようなことをどんどん伝えたらいいと思うんだよね。

メリットをアピールするということですね。

そそそ。それからできるだけ不安をなくしてもらうために多くの情報を載せるといいと思う。ちなみに具体的にというと、ええっと

○社会に対してどんな貢献をしているのか
○理念
○どんな人材を求めているか
○どんな雰囲気の職場で、どんなメリットがあるのか
○出口を見せる
○今までのスタッフからのコメント
○一般的な募集の要項を詳しく
○選考の方法や手順
というようなことを書いたらいいよね。

うわあ、なんだかいろいろありますが、でもだいたいそんなに沢山の情報って載り切るんですか?
僕の知っている媒体といえば【医道の日本】などの専門雑誌ですが。

あ、それは載り切らないよ。だから僕はそういう紙媒体に求人広告を出すことはないねえ。あんなに少しの情報では伝えられないだろうからと思って。

ええ!最初から【捨て】なんですね。

いや、効果的な場合もあると思うけど、僕は使ってないということだよ。

なるほどですね。じゃあどんな媒体を選んでいるんですか?

うん、今はねえ【リジョブ】さんだね。僕らの業界だとかなり強い。というか1強だね。

そうなんですね。

そうなのよ。まあ2017年の話ね。ネット業界も移り変わり激しいからねえ。

そういえばこの間は伊澤さんのサイトを直接検索してきた人もいたって言ってましたね。

うんうん。たまにあるね。ええっと、つまり専門のサイトに広告を出したり、【セラピスト 求人 ○○(場所)】とかのキーワードで検索エンジン対策をしたりして、ホームページに誘導、そしてそこで溢れんばかりの情報を提供する、ってことかな。僕のやり方だけど。

溢れんばかり、ってのがいかしてますね。

また茶化して。

失礼しました。あ、あとその、さっき挙げてもらったいくつものポイントですが、それぞれ気をつけたほうがいいところとかありますか?

うんうん。まずは◯社会に対してどんな貢献をしているのかということだね。
つまりさ、自分の仕事で社会がどうよくなるのかを伝えたいよね。お金での報酬も大事だけど「自分が求められている、必要とされている」と感じられるのは重要でしょ。

ああ、そうですね。喜ばれないなんて嫌ですね。

そうだよね、だからどのように喜ばれるかを伝えたいし、それに刺さってくれる人に来てもらいたいよね。

なるほど、モチベーションが【人のためになる】という人ですね。

そうそう。あと◯理念だね。
その社会にとっていいことをどのように行うのか。なんでそうしたいのか、そうするに至ったのか、そういったことを書くといいね。
自分の働くところのトップがどういう考え方なのか知りたいところだと思う。

確かにトップの人となりとかも知りたいですね。

だよね。理念から透けて見えると思うし。次は◯どんな人を求めているかだね。
こういうことをやっているから、だからこういう人に来て欲しいんだ。ときちんと表明することでミスマッチが起こりにくくなるよね。

応募が多ければいいってもんでもないですものね。

そうなんだよね。できるだけ面接の時間などを使わずに見極めたいしね。次は◯どんな雰囲気でどんなメリットがあるのかだね。

メリット…ですか。

そうそう。やっぱり楽しい雰囲気のほうがいいと思うし、スキルなどが身に付くなら身に付いた方がいいよね。
もしお給料がめちゃ高いならそれを売りにしてもいいね。

確かにいい技術とか身に付けたいですものね。

だね。それから◯出口を見せるということをしてあげたいよね。
ええとつまり【ここで数年働いたら開業できるかも】とか【ここで店長を務めたらどんな店でも切り盛りできるようになるかも】とか【ここで一人前になったらゴッドハンドになれるな】とかね。
そこを辞めたときにどんな風になっているか、が見えるといいよね。

おお、開業したりゴッドハンドになっていたらいいですね。そんなのが見えると確かにいい!

だよねえ。あとはさ◯今までのスタッフからのコメントをもらうといいよね。
ほら飲食店とかクチコミ見て選んだりするでしょ。それと同じことさ。

んー、つまり働いている人がどう思っているのかを見せるんですね。

そうそう。なんなら以前働いていたけど今は独立して開業した。という人なんかの言葉も刺さると思うな。

そうですね。それは、、あこがれちゃうしいいですね。

あとは◯一般的な募集要項だね。待遇などをしっかり書いておくといいと思う。

それはそうですよね。さすがにお給料とかわからないと不安ですよね。

うん。まあとは言っても最近はWantedlyなど待遇を出さない求人サイトもあるくらいだよ。
もっと【想い】で人をマッチングしていこう。という発想だね。

ええ!それはまたすごいですね。

ね。発想がすごいね。で、最後は◯選考の方法や手順を書いておくといいね。

そうですね、どう進んでいくのかわかると安心できますね。

そうなんだよ。安心って大事でさ、お店のサイトとしても大事な部分かと思うよ。
一応うちがリジョブでどう出しているのかを見ておいたらいいかな。

うむうむ。わかりました。ありがとうございます。でもやっぱり成果報酬とかあると大変そうだなーとかも思います。

最後にそこを放り込んでくるか!

いや、お金を潤沢に持っている自分が想像ができない。。。病気でしょうか?

いえ、あたしも同じです。はい。ということで、リジョブなどのポータルサイト以外にも考えたいよね。それはズバリ!【自社サイト】と【indeed】だと思う!

自社サイトはわかる!indeedはわからない!

別に僕の勢いに合わせてくれなくていいんだよ。そう、例えば【練馬 セラピスト 求人】などで上位に自社サイトが検索結果に出るといいよね。SEOでなくても前に話したリスティング広告でもいい。

確かに確かに。で、indeedは?

うん。実は僕もまだあんまりわかってない。

ずこーっ!

ズコる人いないよ、近年。うん。求人広告を沢山読み込んでいて、その検索結果を表示させるようなんだ。多くの人が認識もしてなくて使っているはずなんだよ。

まったく何を言っているのかわかりません。

だよね。なにせ僕がもう一つわかってないから。ははははは。(*^^)v

いや、お茶目かっ!

ポイント

最終的には自サイトに誘導したい

最終的には自社サイトに誘導できればお金が全然かからないので一番いいですね。
分母が欲しい場合はポータルサイトと組み合わせて多くの人の中から選ぶといいです。

あとはやはり友人知人、お客さんから採用するのはあまりお勧めしません。
基本的に仕事はビジネスとしてきちんと今まで人間的なかかわりのなかった人とするのが上手くいく可能性が高いです。

リジョブ…業界最大手の求人サイト。スカウトをこちらからすることなどもできる。当方は毎月5-15人ほどの応募がある。

indeed

関連記事