スタッフの待遇に関して

 「気が早いついでに、スタッフの待遇に関して聞いてみたいと思ったんです。」

 「気が早いついでに答えちゃうよー。」

 「お願いします。」

 「んー、でも、ただお願いしますっていってもだよ。待遇なんてほら、それはもう千差万別どうとでもなるし、その場合によっても変えていくわけじゃない。」

 「そうなんでしょうけど、その全般的な考え方というか、なんかそういうのはないでしょうか。」

 「うーん、OK、うん。じゃあまあお給料からいこうか。給料の出し方はだいたい大きくわけると
○月給などの定額制
○歩合制
○保障給+歩合制

あたりが一般的じゃないかな。 」

 「そうですね、僕もそんなイメージです。」

 「ちなみに歩合制の中でもスタッフを従業員として扱わずに個人事業主に仕事を振っているという形にしているところもあるね。これは実質従業員だったりするので微妙な感じがあるので、今回は触れないでおくよ。」

 「わかりました。僕のイメージですと、定額制=安定しているけどやる気が上がらない。歩合制=やる気にはなるけどいくらもらえるのか不安。保証給+歩合制=その中間?みたいな感じに思っています。」

 「もうまあその通りです。はい。で、僕の思うところだけど、やっぱりいくらか生活ができる程度は保障してあげて、それに乗っかるように歩合がつくというのが理想じゃないかなと思うな。どうしても雇う側としては安く働いてくれるほうがありがたいと思うと思う場合が多いと思うんだよね。まあ当たり前といえば当たり前、でもあんまり都合のいいことばかり言っていると愛想をつかされると思うな。」

 「つまりバランスよくってことでしょうか。」

 「そうだねえ。定額で払っている場合はさ、もうどんどん働かせよう、ちょっとでものんびりしていようものなら尻をひっぱたいてでも働かそうってなことになって、歩合で働いてもらっている場合はお客さんが少なくっても知ったこっちゃ無い、みたいなことになってしまうとね、やっぱり誠意を疑われるよね。」

 「誠意ですか。」

 「そうそう、誠意だよね。僕が君に言うのもなんだけどさ、ははは。こちらが【俺が俺が】ってやったら相手も【俺が俺が】って言うだろうしね。当然だよね。だからしっかり働いてもらってしっかり支払う。働きやすい環境を作ってのびのび自分の良いところを使って仕事をしてもらう。そういう風にしないといけないと思うんだよ。」

 「いいこと言ってますね。」

 「うぷっ。。まあそのつまり定額だったらある程度線を引いて働いてもらうようなルールを作って、完全歩合だったらちゃんと雇用主側がある程度ちゃんとお客さんを呼んでこれて、ってするべきかなと思うんだ。最後の最低保障+歩合だったら【ここまでは必ずやってもらう、そこから以上はできることならやっとくれ】という気持ちかな。と僕は思っているね。」

 「わかりました。キーワードは【誠意】ですね。」

 「もちろんお客さんに対してもそうだけどね。あとはお給料以外でもちゃんと誠意を持って、つまりスタッフに対して陰で舌を出すような考え方はしないでちゃんとしたルールを作って、できることなら社会保険労務士さんに相談してちゃんとした書面にして働いてもらうときにはお互いサインをしてきちんとお互い【言った言わない】みたいなことにならないようにするといいね。というか必ずしよう。もう僕はうちで働くスタッフのみんなからたっくさん聞いているよ【前に働いていたところでは話が違う、ということがあまりに多くて…】というのを。。」

 「ふむふむ書面にすると。」

 「そうそう。【信頼】ということだけではどうしたってもめることがあると聞くよ。少なくても僕のように書面にしていればもめることはないね。今のところはないよ。もちろん書面にしていてももめるときはもめると思うけど、法に沿って解決していけばいい、ってことにできるからさ、これはちゃんとしておこう。最初に一回ひな形を作っておけばいい話しだからね。」

 「バッチリです。【誠意】と【書面】をインプットしておきます。」

 「そうだね、もっともっと細かいところの話もあるけどこれはまた個別に聞いてくださいな。」

 「わかりましたー!」

 

友人などでも気を抜かずしっかりしましょう

まあだいたい、みたいな形で始めるのはやめたほうがよいでしょう。いつか必ずもめるはずです。どちらも悪気がなくてももめると思います。なので、最初からこれがうちの雇用の仕方です。というものを作っておくとよいと思います。でないとその次に入る人との差が出てしまいます。またスタッフもそのように【ちゃんと】しているということに安心感を持ってくれるでしょう。

まるごと起業支援.com…院長の先輩で起業の支援の他、税務や労務も手伝ってくれます。文中に出てきた社会保険労務士でもあるので、雇用に関してもプロ。

 

伊澤塾メルマガの登録

伊澤が治療院、サロン経営や開業に関して重要なことをお伝えする伊澤塾です。

頭の中身がよく見えると思います。無料ですのでぜひとも登録を。

今だけ伊澤の院の最初の売上の推移がわかるエクセルシートをプレゼント。どれだけ売り上がるか予想するのに使ってください。

過去のメルマガは公開していませんので早めのご登録を。

戻る | ホーム | 次へ