ホームページは持ちましょう

 「院長に聞くのはなんというかはばかられるんですが、ホームページはあったほうがいいですよね。いえいえいえ、あったほうがいいって言うのはわかっているんです。でもちょっと確認で聞いてみようかなと。」

 「あは、そりゃあったほうがいいと思うよ。」

 「ですよね、そりゃ当然わかっちゃいるんです。でもどうでしょう?院長は自分で作ってますよね。ホームページ。でも自分にはできないと思うので、業者さんとかにお願いするのがいいのかなと思って、今からグジグジ考えてるんです。」

 「あれじゃないか、君はいつだってグジグジ言ってるじゃないか。ははははは。でね、それってなかなか難しい問題だよね。どっちでないと駄目っていうこともないと思うけど。」

 「いつもグジグジ言ってますか?いやだってそうしないとほら、話が進まないし。。。いやまあいいとして、どっちでもいいですか?」

 「うん。その、つまりは【何でホームページが必要なのか】を考えればいいんだけど、それはつまりお客様や、これからお客様になってくれるかもしれない人達に【私たちはこういうことをしてますよ〜】っていうことを伝えるためだよね。ということはそれが実現できたらいいわけで、そう考えるとどっちでも実現可能だなって思うわけだ。もちろん両者に長所、短所はあるわけだけど。」

 「うーんそうですね。つまりは情報発信ですね。【私のところはこんなところです〜】と伝わればいいのか。でもその自分でやるのと業者さんにお願いするのとでは、長所や短所はどんなところにあるのでしょう。」

 「じゃあ僕が考えている長所と短所を挙げていこうか。まずはね。。。

業者さんにお願いした場合

○長所
・綺麗にできる。
・ホームページを作ったりデザインをしたりSEO(検索されやすいようにする技術)という勉強をしなくて済む。

○短所
・綺麗に作れすぎちゃう。
・自分で思った通りに新しいページを作ったりデザインを変えたりしにくい。
・業者さん都合のものができてきたりする可能性が高い。
・お金がかかる。特にSEO(検索されやすいようにする技術)まで任せると結構すると思う。

で、自分で作って運用していく場合
○長所
・自分で思うように思ったときにサイトを作り変えたり作り足していける。
・自分の色(特色)が濃く出るサイトが作れる。
・お金がほぼかからない。

○短所
・知らない人が見ても安心して来てもらえるようなサイトを作るのはなかなか大変で時間がかかる。
・SEO(検索されやすいようにする技術)もある程度できるようになるまではさらに大変でさらに時間がかかる。

といったところだと思うな。すんごくどっちにしたらいいかわからなくなってきたでしょ。悩んじゃうでしょ^^v 」

 「ブイサインやめてください。悩んじゃってますから。つまりこういう感じでしょうか。
【お金をかけて、時間と労力をかけずに綺麗なサイトを作る】か
【お金をかけずに、時間と労力をかけて綺麗でないけど自分色の出るサイトを作る】か、という感じでまとめちゃっていいですかねえ?」

 「お、なかなかいいまとめかもしれないな。あとはあれだね、お金っていってもいくらくらいかかるのか、勉強するっていってもどのくらいの時間がかかるのか、ってところが判断基準になるかな。」

 「そうですね、10万円と100万円じゃあ全然違うし、3ヶ月と3年じゃあまるっきり違いますもんね。」

 「だね、でもね、サイトを作るのに10万円でポンととりあえず作ってもらうだけなのと、その後のメンテナンスに月々いくら払うというところまでお願いするのか。さらに毎月SEOにいくらかかけるのか、それとも最初にある程度SEOを意識して作ってもらうのか、などそういうことで全然支払額が違うよね。特に1回こっきりなのか、維持費がかかるのかで全然違う。だって1回こっきり20万円と、毎月3万円を10年だったら、後者は360万円だもんねえ。HPを作る勉強もただぺロッとしたページを作るだけなら作成ソフトを使えばワープロに毛が生えたような感覚で作れちゃうので、1日で作れちゃうけど、ちゃんとやるなら【写真の加工】【絵を描く】【レイアウト】、最終的には【SEO】まで勉強したら何年かかかると思うねえ。」

 「ひょひょひょえ〜。何百万円とか何年とか、無茶言わんといてください。」

 「お、衝撃が大きすぎるのか関西弁が出てるよ、関西出身だっけ。」

 「ちゃいます。」

 「ああ、そう。でね、僕がうまくいったからか、お勧めしている方法その1、としては【何年かかけてでも自分でできるようにする】これがまず1番かな。だって自分でサイト作れて、更新もできて、新しいページ作ろうと思ったら作れて、新しい別のサイトだって作ろうと思ったら何個だって作れるわけだよ。【あ、スクール始めようかな】とか【開業に関してのサイト作ろうかな】とか思ったらすぐにできちゃう。でもまあ結構時間はかかると思う。それこそ数年単位で。」

 「うーん、やっぱりそれが一番ですか。でもハードルは高いですね。」

 「そうだね、だから決めるときに数年後に独立しようという人は今からできるだけ勉強しておいて、自分で作る予定にして、もう結構間近にマッサージなどで開業しようっていう人は業者さんにお任せするというのがいいかもね。」

 「なるほど、開業までの時間で方針を変えるってことですね。僕は、、、うーん、まあすぐでもないので、とりあえず勉強してみます。」

 「そうね、何個も作るつもりでやったらいいと思うよ。それにある程度でもわかっていると業者さんと話をするときにだって都合がいいよね。【この作業はこのくらいの手間がかかるな】とか、【こういう部分なら自分でも更新できるな】とか考えられるよね。それに【これはちょっと高いな】とか金額に関してもわかるから、そういう意味でもいいかもしれないね。」

 「そうですね、全く知らないと必要以上にお金を取られちゃいそうですしね。」

 「うん。まあ多くの業者さんがそんな酷いことはしないと思うけど、案外いるかもしれないね。それに多くの人はホームページを業者さんに発注して出来上がってきて喜ぶわけさ、【ホームページが出来たー】と言ってね。でもホームページができただけじゃあ意味がなくて、そのホームページが世間の人に見られて、それでお客様候補の人に役に立つ情報が載っていて、さらに実店舗に来てもらう、っていうところまでが重要でしょ。だからね、そういう綺麗だけどペロンとしたホームページじゃなくて、中身の詰まったものにするといいと思うな。」

 「なんだか深いい話ですね。」

 「ん、いや、極めて実際的な話だよ。はよはよ始めなさい。」

 「わ、わかりました〜。」

 

ホームページの持ち方はいろいろある

まず、間違いないのは、今(書いているのは2012年)だったらまず、ホームページのない店舗作りというのはちょっと考えられない。もちろん無しでもいいが不要なほどのマイナスを背負って運営をスタートすることになる。なので、きちんと情報発信のできるサイトを持つことは必須と考えてよいと思う。

お金がなくても工事費を削ってでも作ったほうがよいでしょう。

ただ、もちろん作ったら作りっぱなしで終わってしまうようだったら、どんどん意味は薄くなっていきます。きちんと手入れと作り足しをしていきましょう。

 

伊澤塾メルマガの登録

伊澤が治療院、サロン経営や開業に関して重要なことをお伝えする伊澤塾です。

頭の中身がよく見えると思います。無料ですのでぜひとも登録を。

今だけ伊澤の院の最初の売上の推移がわかるエクセルシートをプレゼント。どれだけ売り上がるか予想するのに使ってください。

過去のメルマガは公開していませんので早めのご登録を。

 

戻る | ホーム | 次へ