賃貸物件を探すステップ

 「じゃあ院長、いい立地を考えたとしてですね、物件を借りるには不動産屋さんにお願いするんですよね?」

 「まあほとんどの場合そういうことになると思うよ。自分の家でやるという以外はね。大家さんと直接取引きはすごくまれだと思う。それじゃあ今回は賃貸物件を探すコツを話そうか。」

 「いいですね、お願いします。そういえば院長は不動産屋さんの仕事もしてるって言ってましたよね。あれはいったいどういうことなんですか?」

 「うん、いや、僕が大学生だった頃にアルバイトをしていた不動産屋さんがあってね、最近は僕がPC関係はそこそこ分かるので、そういったあたりを中心にお手伝いしているんだよ。それに賃貸の仲介業務のアドバイスもしてるね。以前はお部屋を紹介する営業もやったね。だから割と詳しいほうだよ。足掛け20年くらい不動産屋さんと仕事しているからさ。」

 「ぎょぎょ、なんだかそれは頼りになりますねえ。んー、じゃあ基本的にはどうやって探したらいいんでしょうか。」

 「まあオーソドックスな方法としてはインターネットで探す、不動産屋さんに直接行ってお願いする。というところだよね。」

 「ですよね。僕も今のアパートはネットで探しました。」

 「最近は紙の雑誌とかはもうあまり見られないものねえ。ネットの方が情報が早いし、豊富だね。」

 「ちなみにどんなサイトで探したらいいでしょう?」

 「うん、大きな不動産ポータルサイトから探す方法もあるだろうし、地域が絞れているなら地元密着の不動産屋さんのサイトを直接探してもいいね。ただ、大手の不動産ポータルでも事業用の物件は扱っていないサイトもあるね。実際のサイトとしては【ホームズ】や【アットホーム】あたりが事業用の物件も扱っているよ。あと地域の不動産屋さんだと、例えば【練馬 賃貸】などと【Google】あたりで検索したらいいと思うね。」

 「それで気になる物件があったら見せてもらいに行くわけですね?」

 「そうそう、インターネット上だけではわからないことが多いものね。実際の物件を見に行かないことには始まらないよ。それに、最近は少なくなったかとは思うけど、実際には存在しない物件や、空いていない物件を載せている業者もまだあるかもしれないから、気をつけてね。」

 「えええ!気をつけるっていったいどう気をつけたらいいんですか?」

 「見に行く約束をして行ったにも関わらず、【無い】って言われたらそういう可能性あるね。そういう引きの強い物件でとりあえず来させて、別の物件を紹介しようってことだから。そうなったらあまり信用しないようにね。まあそんなにあることじゃないと思うからあまり警戒しないでね。」

 「き、気をつけます。他に何か気をつけなくてはいけないことはありますか?」

 「うん。そうだね、不動産賃貸の習慣って地域によっていろいろだから違う地域もあるかとは思うんだけど、事業用物件というとね、たいがい敷金じゃなくて保証金というのを預けることが多いんだ。解約時にいくらか(10−20%くらい)引かれて戻ってくるんだけど、これが住居の敷金(賃料の1ヶ月〜2ヶ月程度)に比べると3ヶ月〜10ヶ月程度と高額になることが多いんだ。それでも最近は景気があまり良くないから随分と下げてきてはいるんだけどね。これが店舗によっては敷金で対応しているところもあるね。まあ当然敷居を下げないと決まらない物件ということだから、安ければよい、ってことじゃあないと思うけどさ。」

 「うぬぬ。いい物件は賃料だけじゃなくて、最初にかかるお金も大きいと。」

 「そうだね。でね、後はもう地域をある程度決めて、いくつか不動産屋さんを回ってみる。だね。」

 「やっぱりそうですよね。行ってみないとですね。」

 「うん。じゃあ次回は不動産屋さんに行ったら、どうするか、を話そうか。」

 「了解しましたー!!!」

 「なぁ!!一つとっておきの方法を忘れていた。」

 「ななななんですか?とっておき?裏ワザ的な?秘密の花園的な?」

 「それは、わかんないけど。。。あの、地域を限定して探しているなら、だけど、一番いいのはその街を歩いてみて【空き店舗】などの張り紙を見つけて、そのまま電話して聞いてみるのもいいね。地域が決まっていたら商売ができそうな範囲なんて対して広くないだろうから、くまなく歩いてみるんだよ。」

 「ああ、確かにたまに街を歩いていると空いている店舗とかありますね。不動産屋さんの電話番号とか書いてあって。」

 「そうそう、それそれ、それも頭に入れておいてね。」

 「秘密の花園ゲットしましたー!!!。」

 

ポータルサイトか地元密着の不動産屋さんのサイトか、歩くか

ポータルサイトはいろいろな不動産屋さんが管理している物件を一括で見れることができるのが大きな特徴です。しかし、全ての不動産屋さんが大手ポータルサイトにお金を払って物件情報を公開しているわけではありません。特に良い(広く募集しなくても借り手がつく)物件は広告を出さないこともあります。

その点、自社サイトには良い条件の物件情報も載せる場合が多いので、地域密着の不動産屋さんのサイトを見るのもありですね。

あとは、がんばって歩きましょう。街の感じもつかめますしね。

 

大手ポータルサイト

ホームズ・・・大きなポータルサイトで事業用物件も扱っている。
アットホーム ・・・こちらも大きなポータルサイト。事業用も扱っている。
上記どちらのサイトも100万件以上の物件情報がある。

Google・・・言わずと知れた検索エンジン。現在のところ一番精度が高い。

 

伊澤塾メルマガの登録

伊澤が治療院、サロン経営や開業に関して重要なことをお伝えする伊澤塾です。

頭の中身がよく見えると思います。無料ですのでぜひとも登録を。

今だけ伊澤の院の最初の売上の推移がわかるエクセルシートをプレゼント。どれだけ売り上がるか予想するのに使ってください。

過去のメルマガは公開していませんので早めのご登録を。

戻る | ホーム | 次へ